Pâtisserie Asako Iwayanagiのアフタヌーンティー

Hotel Koe Tokyoで7月から3か月間、Pâtisserie Asako Iwayanagiのアフタヌーンティーを行うというので、参加してみました。

hotelkoe.com

だいたいこういうイベントは出遅れて、予約できないことが多いのですが、最終日の最終枠に滑り込むことができました。

Hotel Koeはレストランがなくて、1FにカフェのKoe Lobyがあるだけ。てっきりそこで行うのかと思ったら、新しくできる宿泊者専用のバーKoe Loungeで行うのだと。

1FのKoe Lobyの奥にあるエレベーターで3Fへ。

コンクリむき出しで、装飾はほぼなしのシンプルな内装です。

今回はカウンターでいただきました。目の前で岩柳さんが作っているのを見ながらいただくという贅沢な席ですw

 

コースはシュクレ2品、シュクレの間にサレ1品の構成です。ペアドリンク付きで、アルコールだけでなく、ノンアルコールも選ぶことができます。

 

シュクレ1品目がタルトショコラパッション。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Yuichi Sakurabaさん(@yuichi.sakuraba)がシェアした投稿 -

 

ショコラにパッションフルーツガナッシュのタルトです。

ソースがおもしろくて、パッションフルーツがメインなのですが、そこにパクチーパクチーは少しだけなのですが、この存在感の強さはパクチーならでは。

手前に黒く見えているのが黒生胡椒。黒胡椒は乾燥させたのしか食べたことがなかったのですが、生おいしい。もともと胡椒好きなので、これはいいアクセントになってます。

 

サレはキッシュ。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Yuichi Sakurabaさん(@yuichi.sakuraba)がシェアした投稿 -

 

シュリンプとマッシュルームのキッシュですが、タルトの部分(パイ生地ではなくプレゼ生地なのだと)とアパレイユの部分は別だて。

アパレイユの上にサラダ、マンゴーとパッションフルーツ、一番上にパルミジャーノレジャーノをパリパリに焼いたもの。

これがまたおいしい!

塩味と甘みのバランスがいいだけでなく、タルトはサクサク、アパレイユは具沢山で、エビはプリプリ。

あと3つぐらい食べたいw

 

最後はパフェ。

パルフェビジュー マングゥ koe スペシャルです。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Yuichi Sakurabaさん(@yuichi.sakuraba)がシェアした投稿 -

 

2層仕立てになっていて、下の層にマンゴーとパッションフルーツ。間にチョコで仕切りを作っていてその上に柑橘のジュレ、マンゴーとパッションフルーツジェラートとショコラのジェラート

そして、マンゴーとパイナップルとパッションフルーツ、そして裏面にメレンゲを焼いたもの。

なんかすごい豪華。

マンゴーは下の層が奄美大島、上に刺してあるのが宮崎のものでした。

このパフェ、グラスが意外に大きくて、かなりのボリューム。2層仕立てのパフェの多くは、チョコのフタが高いところにあって結構なスペースが空いていることが多いですが、このパフェはもうギッシリです。

満足感高すぎです。

でも、ジェラートだけなら、おかわりできますよと言われたら、食べちゃいますよねw

ということで、最後のジェラート

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Yuichi Sakurabaさん(@yuichi.sakuraba)がシェアした投稿 -

 

さて、来月はピーチです。

会場で先行予約ができたので、予約しちゃいました。来月も楽しみ!

www.fashion-press.net

Alain DucasseのKakigori

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Yuichi Sakurabaさん(@yuichi.sakuraba)がシェアした投稿 -

 

ことしもLe Chcolat Alain Ducasse (ル ショコラ アラン デュカス)でかき氷がはじまったので、さっそく食べに行ってみました。

 

lechocolat-alainducasse.jp

今年も六本木と日本橋では種類が違っていて、六本木がフリュイルージュ/ハイビスカス/ショコラ、日本橋が抹茶&ショコラです。

 

上と下の写真が六本木のフリュイルージュ。

赤いのは、イチゴ、フランボワーズ、ハイビスカスの色。ベリーの甘みはあるのですが、それよりもハイビスカスの酸味がきいてます。

氷の下には、グレープフルーツとハイビスカスのクリーム、ショコラのソルベ。ショコラのソルベにはカカオニブも入ってます。

見て分かるように、いわゆる削って作ったかき氷ではなくて、氷を砕いたようなかき氷。ザクザク系です。その下のクリーム、ソルベ、そしてカカオニブといろんな食感が楽しいですね。

氷もクリームも酸味が結構強いのですが、ショコラソルベは甘くて、そのバランスがいい感じです。 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Yuichi Sakurabaさん(@yuichi.sakuraba)がシェアした投稿 -

 

日本橋は去年も抹茶だったので、同じかと思ったのですが、やっぱり違ってました。去年は上からかけるソースも抹茶だったのですが、今年はレモン。

つまり、六本木と同じように、酸味を合わせてきたわけです。

氷の下のクリームも柑橘、その下のショコラのソルベはやっぱりカカオニブ入り。

抹茶と酸味って意外にあいますね。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Yuichi Sakurabaさん(@yuichi.sakuraba)がシェアした投稿 -

 

ちょっと残念だったのが、レモンのソースがサラサラすぎるので、氷を溶かしてしまうこと。ソースは店員さんがかけてくれるのですが、かけ終わったら上の方の氷が溶けてしまって、下のクリームが顔を出してしまってました。

去年の抹茶のソースはドロッとしていたので、氷の上にのる感じでよかったんですけどね

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Yuichi Sakurabaさん(@yuichi.sakuraba)がシェアした投稿 -

 

2種類食べましたけど、やっぱり私には六本木のフリュイルージュの方が好みでした。

ついでにいっしょに食べたデザートも。

六本木ではクープグラッセ オ カフェ。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Yuichi Sakurabaさん(@yuichi.sakuraba)がシェアした投稿 -

 

日本橋ではタルトクラッカント ショコラ アグリューム。アグリュームは柑橘のことです。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Yuichi Sakurabaさん(@yuichi.sakuraba)がシェアした投稿 -

Minimal The Baking

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Yuichi Sakurabaさん(@yuichi.sakuraba)がシェアした投稿 -

代々木上原にBean to BarのMinimalの新店舗ができたので、オープンした日の6月22日に行ってみました。

 

mini-mal.tokyo

Minimal The Bakingという店名からも分かるように、焼き菓子というか、ガトーショコラ専門店です。大きいサイズのものもあるのですが、小さいサイズのバトンもあります。

 

この時は、この後にも予定があったので、持ち帰りはせずにイートインだけ。せっかくなのでイートイン限定のチョコレートウィッチと、ガトーショコラバトンのフレッシュを食べてみました。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Yuichi Sakurabaさん(@yuichi.sakuraba)がシェアした投稿 -

ガトーショコラバトンはコーヒーとのペアリングがあって、フレッシュの方は丸山珈琲のコーヒー。ガトーショコラは重くてしっとりしたタイプですが、ほのかにフルーツの感じがします。これはコーヒーにあうなぁ。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Yuichi Sakurabaさん(@yuichi.sakuraba)がシェアした投稿 -

もう1つのチョコレートウィッチがおいしい!かなり薄いクッキーにチョコのクリーム、真ん中にこれもかなり薄いチョコが挟まってます。

 

おいしいんですが、これ作るの大変そう。どう見ても、歩留まりが悪いよなぁ...

ということを昨日、Minimalの本店でスタッフの人に話をしたら、大変すぎるので当分の間、販売停止になるとのこと。早めに行って、食べておいてよかった。

mini-mal.tokyo

人気がありすぎるというのも、大変ですね。