Le Chocolat Alain Ducasse Manufacturé à Tokyo

https://www.instagram.com/p/BiJpo1zBUAH/

3月にオープンしたアランデュカスのショコラトリーにやっと行ってきました。

lechocolat-alainducasse.jp

アランデュカスのショコラは以前おみやげにもらったことがあったのですが、サロンがあるとなれば行かざるをえません。

4月の週末に行ったのですが、週末ということもあるのか行列してます。ジャン=ポール エヴァンのように、店には一定人数以上は入れないようです。

でも、サロンは待ちなしで、すぐに入店できましたよ。

食べたのはMousse au Chocolat (ムース オ ショコラ)とAgrumes, Gingembre, Sorbet au Grué (アグリューム ジンジャー ソルベ オ グリュエ)。

上の写真がムース オ ショコラ。

削ったショコラがのったムースは写真だけ見ていたので、全部が削ったショコラかと思ってました 😅

ムースとショコラの食感の違いがいいですね。

https://www.instagram.com/p/BiKGQmfBAMC/

とはいうものの、ジャンジャンブル大好きな私としてはアグリュームのソルベの方がお気に入り。柑橘にジャンジャンブルが入るだけで、ずいぶん違います。

でも、なんでメニューにはジンジャーと書くんでしょうね。

アグリュームもグリュエもフランス語なのに、ジンジャーだけ英語にする意味がよく分かりません。意味を分りやすくするつもりなんですかねぇ? それだったら、全部英語にすればいいのに...

 

テーブルチェックした後、店員さんにショップも見ていかれますかと聞かれたので、買うつもりはまったくなかったのですが、ちょっとだけ見てみたいと。

どうやら、ショップの方は1人1人に店員さんがつくらしいので、ちょっとお待ちくださいと。

で、担当の方に連れられてショップの方へ。

その店員さんが開口一番、「伊勢丹でよくお会いしましたね」

えっ、えっ、えっ????

なんと、この店ができる前は新宿伊勢丹のPierre Herméにいらしたとのこと。すみません、全然覚えておりませんでした ><

Pierre Herméでは店長さんに対応していただくことが多かったので、他の店員さんのことは全然覚えていなかったのです...

で、買うつもりはまったくなかったのですが、見ていると買いたくなってしまうのはしかたない。マンディアンのノワールとレを購入してしまいました。

https://www.instagram.com/p/BiLxDAuhSPC/

ノワールオランジュアマンド、フィグ。レはノワゼットです。

不思議なことにプライスリストにはカタカナ表記はフランス語と英語、アルファベット表記は英語になってます。

なんでフランス語と英語を混ぜるんですかねぇ。よく分かりませんw